契約する前に

OA機器のリースを契約する前に、必ずチェックしておいて欲しいのが、OA機器のリース期間中は、現在使用しているOA機器のリースを辞め、新しいOA機器のリースに移行する事ができないという事です。厳密にいうと、新しいOA機器のリースをする場合には、残っているOA機器のリース料金を一括で支払う必要があるのです。また、どうしてもお金が無いような場合には、古いOA機器のリース料金に新しいOA機器のリースを追加で支払うような契約を結ぶ必要があります。

また、OA機器のリースは契約期間などが重要になってきます。基本的に、OA機器のリースはOA機器の料金をリース会社に肩代わりしてもらっているのと同じ事ですので、完済するまでの返済期間が長ければ長いほど、トータルした支払い金額は高くなる事になります。月々の返済金額を減らしたくて契約年数を長くしてしまうと、最終的には損をしてしまう事にも繋がりますので、注意が必要になります。

また、コピー機などのリースの場合には、使用して行くたびに減って言ってしまうトナーなどの料金が、契約に含まれているのか別料金なのかによっても料金がかわってきますので、確認するようにしてください。同様に、保守期間に枚数制限などが付いているような場合もありますので、契約する段階でチェックするようにしてください。


OA機器の導入理由

OA機器のリースには、他にもメリットがしっかりと存在してます。OA機器のリースがここまで利用される事になったのは、リースは銀行借入枠とは別枠として処理されますので、通常は担保を必要としていない点です。会社を立ち上げた当初は、どうしても銀行からの融資を受ける事が多くなっておりますので、なるべく銀行の借入枠を使用するのは避けたいところだと思います。そのため、リースでしたら銀行の借入枠を使わずに処理する事ができます。また、借入の手続きよりもリースの契約手続きは簡単で迅速ですので、設備投資を行うタイミングをしっかりと合わせる事ができます。会社が出来たのに、OA機器が揃っていないので仕事が出来ないような事はありません。

また、OA機器のリースが選ばれている要因の中に、繁雑な事務負担の必要が無いという事があります、購入手続きであったり、固定資産税の計算や能否など保険事務に関わる負担が一切ありません。人数の少ない会社の場合には、かなりのメリットだと言えます。また、中小企業の場合には、リースで使用した料金は全て経費として処理する事ができますので、そのまま新品や中古のOA機器を購入しなかったとしても、固定資産税に計上されないというメリットもあります。このように、OA機器のリースには会社経営者の立場にたって嬉しい事がいっぱいなのです。


OA機器のリース

OA機器のリースと聞いてピンとこない方も多いと思いますので、簡単に説明させて頂きます。OA機器を使用したいという方に、欲しいOA機器が見つかった場合、リース会社にOA機器のリースを依頼すると、リース会社がOA機器のメーカーから使用する人の代わりに購入し、購入したOA機器を使用する方に長期間にわたって有償で貸し出す事です

もちろん、代わりに購入した物を借りてもらっているのですから、最終的に支払う金額は自分で購入した方が安い事は安いのですが、会社を立ち上げる時には色々な所でお金を使ってしまう事になりますので、初期投資費用を安く抑える事ができたり、税務上で認められている期間でしたら、経費として処理する事ができます。このように、リースは会社に負担をかけることなくOA機器を導入する事ができるというメリットがあるのです。

また、OA機器などは毎年ニューモデルが発売されるような事もあり、一度購入してしまうとどうしても故障するまで使用し続けなければいけませんが、リースにすれば、常に新しいOA機器を使用する事ができます。ランニングコストを抑えつつ、非常に有効にOA機器の運用を行う事ができますので、リスクの少ないOA機器のリースという方法を選ばれている会社経営者が多い傾向にあります。最近では新品のリースを取り扱っている業者も増えてきています。OA機器取扱店「OAランド」では、初期費用のかからない新品リース品も取り扱っています。

コピー・FAX・プリンター・スキャナーを搭載した最新の激安中古品や、初期費用のかからない新品リース品などからコピー機・複合機をお選び頂けます。

参考にしてみてはいかがでしょうか。


OA機器の重要性

よく耳にする、OA機器という言葉の意味をご存知でしょうか。OA機器とは、「OfficeAutomation」の頭文字を取った機械の事で、これまで人の手で行っていた大変な作業を自動化してくれる機会になります。OA機器の代表としては、普段使用しているコンピューターであったり、コピー機やFAXなどの機会の事で、それらを総じてOA機器と呼ぶようになっております。

OA機器が無ければ、仕事が成り立たないような世の中になっておりますので、これから会社を立ち上げようと思うのであれば、OA機器は立ち上げと同時に必用になってきます。しかし、最新のコピー機には色々な機能が付いている物も多く、特にオフィスで使用するようなコピー機の場合には、とにかく高くなっております。初期費用を抑えたいという方が取っていた手段が、中古のOA機器を購入する事でしたが、一度故障してしまうと仕事にならない事も多く、故障がイコールで仕事の遅延に繋がる為、中古を毛嫌いする経営者の方もいらっしゃいます。

中古のOA機器は嫌だけど、新品のOA機器を購入する資金を捻出できずに悩んでいるため、性能は良くないけど、安いOA機器を買い揃えようと思っているのなら意味がありません。そこでこちらのページでは、中古のOA機器意外に新品のOA機器を購入するよりもお得にOA機器を使用する事ができる、OA機器をリースにするメリットなどについてご紹介します。初めてOA機器のリースという事を聞いた方にも、分かりやすいようにまとめてみましたので、ぜひ参考になさってください。