OA機器の導入理由

OA機器のリースには、他にもメリットがしっかりと存在してます。OA機器のリースがここまで利用される事になったのは、リースは銀行借入枠とは別枠として処理されますので、通常は担保を必要としていない点です。会社を立ち上げた当初は、どうしても銀行からの融資を受ける事が多くなっておりますので、なるべく銀行の借入枠を使用するのは避けたいところだと思います。そのため、リースでしたら銀行の借入枠を使わずに処理する事ができます。また、借入の手続きよりもリースの契約手続きは簡単で迅速ですので、設備投資を行うタイミングをしっかりと合わせる事ができます。会社が出来たのに、OA機器が揃っていないので仕事が出来ないような事はありません。

また、OA機器のリースが選ばれている要因の中に、繁雑な事務負担の必要が無いという事があります、購入手続きであったり、固定資産税の計算や能否など保険事務に関わる負担が一切ありません。人数の少ない会社の場合には、かなりのメリットだと言えます。また、中小企業の場合には、リースで使用した料金は全て経費として処理する事ができますので、そのまま新品や中古のOA機器を購入しなかったとしても、固定資産税に計上されないというメリットもあります。このように、OA機器のリースには会社経営者の立場にたって嬉しい事がいっぱいなのです。